So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2009年10月 |2009年11月 ブログトップ

淀川・湾処のあたりで [淀川]

淀川・城北の当たりを散歩。野鳥の多いところだから結構楽しめる河川敷公園です。
年配の釣り人がたむろしてワイワイがやがや、今日の釣果を自慢しあっているらしい...と、
思っていたら、一人がバケツの小魚を地面に撒いた。その横の水面にじっとしていたサギがそっと近寄る。
「もう餌を自分で獲らへんのや!」「待っとるんやで!」かのサギ君、啄み始めた。
・・・・野生の筈なのに・・・?。
“たしかに、楽していきたいよね!!”

DSCN3452.jpg
DSCN3357.jpg
DSCN3351.jpg
DSCN3643.jpg
DSCN3717.jpg
夕日が限りなく美しかったです。
DSCN3610.jpg
その近くには
『千人つか』の石碑
大阪大空襲の折の被災者の鎮魂のための石碑です。激しい空襲で千数百人の方が亡くなった。
火葬にふしたが、3日3晩も掛かったそうです。あまりの悲惨の鎮魂なのです。
DSCN3689.jpg
散歩の行き帰りの人も、手を合わせて行く人も少なくありませんでした。




薔薇が咲いて・・・。 [緑地公園]

緑地公園には先日まで余り見かけなかった薔薇が、チラホラと咲いています。
改めて思うのですが、微妙に少しづつ違うのだな・・・色合いがと思います。[ひらめき]
鈍感だから、今までそんなに感じなかったのです、ああ~ぁナサケナヤ[もうやだ~(悲しい顔)]

PA270590.jpg
PA270774.jpg
PA270782.jpg
PA270801.jpg
PA270784.jpg
PA270786.jpg
PA270759.jpg
一応それぞれ違うものを撮ってみました。



深まりゆく秋 [緑地公園]

秋の公園。

もうすぐ紅葉に満ちあふれるかな?

まだかな?

PA250478.jpg
PA250491.jpg
PA250508.jpg
PA250543.jpg
PA250516.jpg

春は桜を愛でて花見酒が似合うけれど

秋は公園の緑陰のベンチで憩う老夫婦がよく似合う。
ベンチに腰掛ける人々の心の内はどうだろうか?と思う。



かつては「玉作」と・・・。 [大坂城には...]

『玉造』の名前の由来

上町台地の東端、難波の高台に位置するこの神社一帯は古代、
大和朝廷の所属する玉造部(三種の神器の玉類・勾玉などを製作)の
居住地であったことから、「玉作」「玉造」と変化したらしい。
古代から中国大陸との交流要地として、大阪で最も早くから栄えた
地であった。
 また周辺には難波宮跡、森の宮遺跡など古代の遺跡が残っている。

豊臣との関係としては、関ヶ原の合戦後、慶長8年(1603)豊臣秀頼により
社殿が再建されたが、大坂の陣で消失、今も残る石鳥居もその時のもの
という。

「玉作岡」の石柱が見え、近松門左衛門の歌碑も入り口の両端に見える。

DSCN3397.jpg
DSCN3390.jpg
DSCN3391.jpg
DSCN3392.jpg
DSCN3395.jpg
DSCN3400.jpg
DSCN3402.jpg




真田丸の当たり。 [大坂城には...]

冬の陣の時、惣構えの南側に、出丸を真田幸村が築いて徳川軍と戦い、
「日本一のつわもの」との評判を得た。真田丸と呼ばれた出城はこの辺にあったらしい。
推定地とされる「明星中・高校」。幸村が必勝を願ったという「鎌八幡」。
重複になったりするかも知れないが、三光神社・心眼寺・心眼寺坂・その上り下り。
下りたところは、空堀町。道路を渡ってまた登れば「大坂女学院」(これはまた次に)

DSCN3445.jpg
DSCN3456.jpg
DSCN3459.jpg
DSCN3462.jpg
DSCN3464.jpg
DSCN3460.jpg
DSCN3469.jpg
DSCN3430.jpg
DSCN3411.jpg
DSCN3406.jpg
「大坂女学院」については、勉強して次にUPします。お許しあれれ![もうやだ~(悲しい顔)]




空堀ど~り商店街 [大坂城には...]

空堀商店街の入り口まで行ってきた。自宅から自転車で約1時間。
還暦の身には、足も張り、尻も痛い行程だ。これは、大坂城を巡るにつれて初めて
知った事による。大坂城は天守閣があり、内堀・外堀だけだと思っていた。
今までは・・・不勉強だったな~とつくづく思うのです。何事に着けて不勉強!
まだ、多分・・・まだもう少し“生”の時間が残されていると思える内に、いろいろ
やっておこう!!
 から始まった。史跡巡り・・・ようやく第一歩なのだ。
さて、大坂城・本丸・二の丸・三の丸・惣構え。城下町構想があったのだ。
惣構え・総曲輪とも御土居とも・・・いろいろな呼び名があるようです。
大坂城の後長浜城跡京都の秀吉ゆかりの城。そして小田原城周囲10kmに及ぶという
惣構えの、見学まではなんとしてもやり抜きたい。それが終わってから、その次の城だ。
時間とお金が必要だ!頑張ろう!!というわけで

商店街の入り口の写真だけ今日はUPします。
DSCN3424.jpg

空堀ど~り商店街に東西に走る惣構えの空堀の一部が垣間見えるそうなのです。
東西南北2.2km四方に及ぶらしいのです。



今日も花たち [緑地公園]

DSCN3322.jpg緑地公園は実に多くの人が連日訪れる。花を撮ったあと、夕日を撮りたくて鶴見新山に登る。
カメラを構えている方がいた、夕日の撮り方を少し教えて頂く。犬と散歩の方も来て、かつては
360°ここから見渡せたのだという、今は木々が伸び放題になっていて駄目になった...と。

DSCN3135.jpg
DSCN3152.jpg
DSCN3148.jpg
DSCN3140.jpg
DSCN3313.jpg
DSCN3286.jpg




花を楽しむことが... [緑地公園]

ようやくに花を楽しむことが出来るようになったかも知れない。この年になって、人並みに!?[わーい(嬉しい顔)]人と同じで、実にいろいろな種類があるものだ。花びらの形も色も違う、楽しみながら、どんどん
撮り続けよう。

DSCN3015.jpgDSCN2913.jpgDSCN2809.jpgDSCN2816.jpgDSCN2907.jpgDSCN2785.jpgDSCN2888.jpg


2009-10-19 23:14  nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

夕方、大坂城を東側から眺めました。 [大坂城には...]

鴫野・今福の戦場跡近くまで行ったので、東側から夕刻の大坂城・大阪城ホール・薄暗くて見にくい
のですがアクアライナーを撮りました。
DSCN2753.jpgDSCN2719.jpgDSCN2722.jpgDSCN2723.jpgDSCN2735.jpgDSCN2743.jpgDSCN2747.jpg



青屋門へ向かう [大坂城には...]

青屋門.jpg内堀と草に埋もれた空堀.jpg極楽橋と天守閣.jpg極楽橋と天守閣正面.jpg石垣の上で楽しげに語り合う、少女達を見上げて‘楽しそうだな’と思いながら、まっすぐ北へ向かう。
突き当たって振り返りれば、遙か向こうに内堀の(空堀)が見える。石垣はここが一番高いのだそうだ。左に曲がれば、橋と天守が見えてきた。極楽橋と天守閣だ。ここからの風景も綺麗です。



空堀に沿って歩く [大坂城には...]

桜門の前を通って空堀に沿って歩きながら...。この空堀は豊臣側が冬の陣で德川側に敗れて、
その講和条件として埋められたりしたものではなくて、元々、豊臣・德川の時代ともに水のない空堀で
あった様です。そのまま歩き北方向に曲がるとと水堀になります。青屋門の方には今はOBPの高層
ビルがよく見えます。当時は、堀と高石垣と天守が見えたのでしょうね...。
桜門_内堀1.jpg桜門_内堀3.jpg桜門_内堀4.jpg桜門_内堀5.jpg桜門_内堀6.jpg



今回は内堀を... [大坂城には...]

前回は大手口から教育棟までを回りましたが、今回は内堀に入りました。
まず、桜門の入り口までです。中に入ってすぐの蛸石などは次に...。

桜門1.jpg桜門2.jpg桜門3.jpg



錦城外堀西側。 [大坂城には...]

大坂城、外堀の西側はこれで繋がったかな?
DSCN2227.jpg
DSCN2232.jpgDSCN2226.jpg



難波宮跡 [遺跡難波宮跡]

難波宮跡も歴史博物館から見たら...。

DSCN1560.jpgDSCN1560.jpgDSCN1562.jpg   



西側の続き [大坂城には...]

乾櫓と教育棟、後もう少しで西側の石垣がつながるのだけど...。



DSCN1584.jpgDSCN1583.jpg



大阪歴史博物館から [大坂城には...]

歴史博物館から、大坂城を望むと天守閣を見るのには丁度良い角度だ。
これが德川大坂城の上に乗っかっている豊臣デザインの大坂城だとは、今まで知らなかったのです。
DSCN1572.jpg

大手門、外堀、枡形虎口、千貫櫓等々ようやく憶えた城郭用語です
楽しみながら勉強していきたいと思っています。

DSCN1578.jpg

10月10日~10月12日まで、『千貫櫓・多聞櫓・金蔵』の内部公開があるそうです、とても楽しみです。




-|2009年10月 |2009年11月 ブログトップ

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]
メッセージを送る


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。