So-net無料ブログ作成
検索選択
遺跡難波宮跡 ブログトップ

伏見桃山御陵 [遺跡難波宮跡]

戦国時代・江戸時代続き、幕末の動乱、近代日本への転換と、激しい時代のまっただ中に生きられた
明治天皇の陵墓。今回は南側の入り口を進んだ。国道からの入り口では子供達が遊んでいる。
宮内庁の掲示板の下には、子供達の持ち物が並んでいる。声も賑やかだ。
DSCN9758.jpg
すぐ陵墓へ登る、遙か彼方まで続く階段が...うあ~ッ・・・高い・・・。
DSCN9761.jpg
DSCN9764.jpg
登った。ゆっくり登ったら、なんと2分30秒?げげげっ!遅いんだろうな?と思う。呼吸が激しい。
DSCN9768.jpg
トレーニングだろうか、昇降を繰り返す青年が一人。後から後から、同年代が数人。
陵墓の正面。沈思黙考・・・。礼。
すぐ、写真を撮る。
DSCN9771.jpg
DSCN9772.jpg
DSCN9773.jpg
少し日が下がってきた。後背の眺望を楽しみ
DSCN9778.jpg
もう一度振り返ると...?
古木が夕日に赤く焼けている・・・すぐ撮る。
DSCN9782.jpg
もの凄く赤く見えるモミジも・・・
鴉もギャアギャア・羽音もうるさくなってきた。帰ろう。同じく散歩の人に道をお聞きして確認。
DSCN9803.jpg
DSCN9807.jpg
DSCN9808.jpg
意外と前回の伏見城、残石の処につき、曲がると桓武天皇陵まできた。
DSCN9824.jpg
伏見城模擬天守と薄い月が出ている。
DSCN9825.jpg
DSCN9837.jpg
西の空がもう・・・帰らねば!!




難波宮跡 [遺跡難波宮跡]

難波宮跡も歴史博物館から見たら...。

DSCN1560.jpgDSCN1560.jpgDSCN1562.jpg   



遺跡難波宮跡 ブログトップ

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]
メッセージを送る


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。